体験談 


宅建に合格して、次は司法書士の試験を目指します・・・

 私は約1年前に「脳力全開」を購入しました。まず、なぜ「デジ速」を購入するようになったかと言いますともともと宅建の資格を取得するためにある宅建取得の学校にいきました。その学校の講師が脳力開発に関心をお持ちの方で、その方からデジ速を薦められました。

 購入してからはとにかく毎日120日間のプログラムをパソコンの前で開くように心がけました。時間がないときなどはMDに録音し家事をしながらでも聞くようにしていました。120日のプログラムが終わる頃には、宅建の資格は既に取得することが出来ていました。そうしているうちに、次に目指す目標を定め、司法書士の資格取得に取り組み始めました。この資格を取得するために、「デジ速を絶対活用しよう!」と思い取り組み始めました。どんな風に活用したかといいますと、まず、司法書士の資格を取得するのにいくつかの講義のVTRがあるのですが、とにかく全ての講義の音声を速音聴にして、毎日聞き続けるようにしました。音の速さとしては最初は2.7倍くらいから聞き始め、その日の調子に合わせて時には4倍速とかでも聞き取れる日がありました。このようにして、全講義の内容を何回も何回も繰り返し聞き続けていきました。そのうち様々な変化が出てきて、まず勉強の速度が前に比べて上がっていくのを感じました。また、問題を解いていると、頭の中で、速音聴で聞いていた内容が浮かんでくるようになり、勉強を進めていく上で大変助かりました。

 最近、特に大きな変化として現れて来ている事は、心の奥底から「本当に嬉しくて、なんて自分は幸せなんだろう!」という思いが込み上げてしょうがないのです。それで、何でそんな風に感じるの考えてみると、ある友人のことが思い浮かびました。その方は幼い時はとても貧乏で、「自分は勉強で人生の勝利者になってやる!」と思い、努力され、その結果有名大学を出て、現在は会社経営をされています。けれど、人生には全く満足を感じておられなくて、話し終わった後もなんともいえない虚しさが込み上げてきて、人生って何なんだろう?とずっと考えるようになりました。

 デジ速に出会い、取り組んでいく中でふと感じたことは、その方に比べれば、自分は何も得てはいないけど、今ある自分自身に感謝できて、今は少しずつですが、人のためになることを出来ていることが嬉しく、また自分を育ててくれた、両親に感謝の気持ちが出てきていると思えたのです。

 最近では、周りの人たちから「貴方はいつも幸せそうね!」と会う度に言われるようになりました。今後は鹿児島に資格取得の学校の建設をしたいという“夢”を持っています。また、司法書士の試験が今年の7月にありますので、引き続きデジ速を活用して、合格目指して頑張ります。  
[戻る]