体験談 


太極拳を習得中~名称を言いながら動作が出来る私に、皆びっくり仰天~

 太極拳初心者である私達にとって、動きを学ぶだけでも大変なので名称を覚えることは相当あとの段階です。なのに私があろうことか名称を言いながら動作を出来るようになったので皆びっくり仰天しています。こんなことは通常考えられないことです。特にまだ完全に動きを覚えていない段階では。全くデジ速のおかげです。有難うございました。

 デジ速レコーダーで自作音声教材を2つ作成しました。1つは日々のアファメーションで、もう1つは今練習中の太極拳48式のそれぞれの動作の名称です。特にこの名称は中国語なので何度呼んでもややこしくて覚えられなかったのが、今では少しずつ発音できるように」なってきました。この2つで長さは5分です。今は2つ一緒に21分間Bタイプの速音聴で聞いています。アファメーションはかなり早くてもついていけるのですが中国語の名称は速いと動作をイメージ出来ないのでこのときはただ聞き流すことにして、別途この分は普通の速度で何回もリピートしています。普通の速度だと太極拳の体の動きと名称が一致しイメージがとても楽に出来ます。これが身についていくと太極拳で求められている流れるような動き、それでいてその動きの意味を理解できている動きが出来るようになると思えとても楽しみです。今はまだ5段の34式までで6段以降は習っていないのですが、名称だけは48式分毎日聞いているので宿泊講習で残りを教わる時きっと楽だろうなーと思います。だって何となくイメージできる部分が少し(ほんの少しですが)あるからです。これってすごいことですよね。まだ2~3日なのに。これまで絶対記憶をやると必ず速音聴をやりたくなりますといわれたことがやっとわかりました。今は朝夕、速音聴を聞いています。私の人生の可能性が沢山広がってきました。菊池先生素晴らしいものを考案してくださって有難うございます。  

[戻る]