体験談 


最近主人が「お前、神様みたいな人やなあ」と言って笑うのです

私のデジ速ライフを紹介します。

私は毎日主に運転中にデジ速と美しい音楽を交互に聴いています。(本当は朝、騒音のない環境でゆっくり聞きたいのですが・・・)主人には適度の速さのデジ速と音楽をテープに録音し(主人の車ではCDが聞けないので・・・)半強制的に聞かせています。主人は小さい頃から音楽を聴くという環境になかったせいか娘達のようにはいきませんが、長い目でデジ速ライフに誘い込もうと思っているのです。

上の娘は英語の物語や英単語のCDを、下の娘は定期テストのたびに苦手な社会の教科書を私が読んで録音したものを聞いておりました。また、下の娘は受験生なのですが、勉強の前に「モラルコンパス」を2~3倍速で20分ほど聞いていて、ダウンロードできない「がんばりぬくということ」以降もほしいと言いましたので、昨日今日と朗読してデジ速化したところです。デジ速を聞いていると、とても気持ちがいいし、国語や英語の長文が前よりも早く読めるようになり、よく理解できるようになったと言っています。また、娘たちは私に似て音楽がとても好きなので、準備しなくてもしょっちゅう聞いたり歌ったりしています。それと、自然や環境の大切さ、ありがたさ、物事をポジティブに考えること、何でも気持ちの持ち方次第・・・なんていうことも家族でよく話すようになっています。

次にこの1年間の私自身を振り返ってみて・・・

家族への愛情がさらにさらに深くなった。(特に同居の主人の両親に対して優しく接することができるようになった。そのせいか、おばあちゃんは、この頃いろんな人に私のことを自慢しているようです。よくやってくれてありがたい・・と。)また離れて暮らす両親や兄、義姉達の家族の幸福をも毎日毎日願うようになった。だから夫婦・家族円満だと自信を持って言えます。

今まで仕事上苦手だと思っていた人ともうまく付き合えるようになった。腹がたたなくなった。(みんながそれぞれの場所で、それぞれの役割を果たし、支え合っているからうまくいくんだと素直に思えるようになった。頭ではわかっていたんですが・・・)

この仕事を天職だと漠然とは感じていたが、今ははっきりとそう思えるし、生きていく目的もはっきりした。子供たちから多くのことを学び、それを1人でも多くの子供に返していき、天職を全うすることと、家族を幸福にすることを生きる目的とし、尊敬する両親から受け継いだ命を大切にして生き抜きたい・・・と心から思うようになった。  

[戻る]